いまだ!神さまにすがろう!

人も自分も頼りにならない!もう神さましかいない!

スポンサーリンク


【52】世界遺産熊野三山・熊野本宮大社に行ってきた その2(終)「ケツミコ様」(和歌山)

スポンサーリンク

f:id:kamisama-ni-sugaro:20190121093049j:plain

(続き)熊野本宮大社の祭神・ケツミコ様は、アマテラス様の弟のスサノオであるとされている。

熊野はスサノオ様の母親であるイザナミが葬られた地であるという。そして神話の中には、母親を慕っていたスサノオ様が、母のところに行きたい(;´Д`)   と泣きわめくシーンがある。

このエピソードがあるから、ケツミコ様とスサノオ様が結びついたのかな~・・・と、勝手に妄想したりするけど、真相は不明。

 

熊野三山は神社なんだけど、純度100%の神社というわけではない。

神社のようなお寺のような、お寺のような神社のような、といった感じで、いわば闇鍋のような神域である。

だからケツミコ様も純度100%のスサノオ様ではなく、スサノオ様をベースにして色んな信仰がごちゃ混ぜになった闇鍋的な神様である、というのが個人的な見解かなあ(`・ω・´)

 

古来より熊野三山に参拝すれば、前世・現世・来世のご加護がいただける、とされてきた。

すなわち、

熊野速玉大社では前世のご加護。

熊野那智大社では現世のご加護。

そして、熊野本宮大社では来世のご加護。

ケツミコ様は神様だけど、実は仏様の阿弥陀如来でもあって、その強大な仏パワーによって我々の来世を守ってくださるという。

その他にも樹木の神様だとか、はたまた船の神様だとか云われてたりする。

もう何が何だか分からない。

まさに闇鍋状態である。

 

なんであれ日本屈指の大霊験所である熊野三山の一角を担う神様であるからして、色んな意味で凄まじい御神威をお持ちなのは間違いない。

とにかく俺は「よく分からんけど、すがっとけ」の精神で、ケツミコ様を崇め尊んでいる (/・ω・)/

(完)

スポンサーリンク