いまだ!神さまにすがろう!

人も自分も頼りにならない!もう神さましかいない!

スポンサーリンク


【37】女性の…(~o~) がお祀りされてる!? 大縣神社に行ってきた その1「このひっそり感、しっとり感」(愛知)

スポンサーリンク

f:id:kamisama-ni-sugaro:20190128054332j:plain

f:id:kamisama-ni-sugaro:20181223184132j:plain

犬山の奥にひっそりと佇む神域。

大縣神社(おおあがたじんじゃ)は、愛知県犬山市に鎮座している。尾張国二之宮社格を有する名社である。

噂では、この神社には女性の…(~o~) がお祀りされているという。

男の田縣、女の大縣として、両社は対で参拝されることが多い。

俺もその例にならって、田縣神社大縣神社を同日参拝してきたぞ(`・ω・´)

田縣神社については前回記事を参照)

 

f:id:kamisama-ni-sugaro:20181223190110j:plain

田縣神社よりも広々としていて、なんとなく格式が高そう?

 大縣神社は、対となっている田縣神社から車で15分くらいのところにある。

 御祭神の大縣大神(おおあがたのおおかみ)をお祀りする本殿・拝殿は上の写真の左側にある黒っぽい建物。とりあえずは、一番エライこの神様にお参りするのが作法である。

 

お賽銭をちゃりーん。二礼、ペコペコ。二拍手、パンパン!一礼、ペコリ。参拝終了。

 

さーて、そんじゃ、いよいよ女性の…(~o~) を拝みに行くか (・∀・) 

女性の守り神とされる境内摂社・「姫之宮」への参拝である。

f:id:kamisama-ni-sugaro:20181223200858j:plain

朱塗りの色っぽい拝殿。

うん・・・?

普通の拝殿だね。肝心の (~o~) が見当たらないぞ?

田縣神社みたいに、堂々とお供えされてるわけじゃないのかな・・・?

まあ、とりあえず参拝だ。女性の守り神に俺が参拝するのも変だけど、ここに来たのも何かの縁だし、参拝しとけしとけ。

 

お賽銭をちゃりーん。二礼、ペコペコ。二拍手、パンパン!一礼、ペコリ。参拝終了。

 

さて・・・これは不完全燃焼かな・・・。

モヤモヤしつつ、何か面白いものはないかと辺りを見回すと、なんと本当に面白いものを発見した。こんな看板である。

f:id:kamisama-ni-sugaro:20181223202149j:plain

ひ、姫石って・・・

ひ、姫石・・・?

なんすかコレは・・・。

こんな境内の奥の奥の細道の先に、一体何があるというのか?

神社の中心を離れ、玉砂利をじゃり、じゃり、と踏みしめて、うながされるまま矢印の方向に歩いていくと、ひっそりと祀られるあるものを発見。

f:id:kamisama-ni-sugaro:20181223203048j:plain

左は別の摂社。右が姫石。

写真の右にひっそりと祀られているのが、「姫石」らしい。

よーし、お参りするぞ(・∀・)

f:id:kamisama-ni-sugaro:20181223204909j:plain

なんとも言えないしっとり感。

ふっふっふ。

この中途半端にもったいぶった画像を見て悶々とするがいい(´-ω-`)

さあて参拝、参拝。

 

お賽銭をちゃりーん。二礼、ペコペコ。二拍手、パンパン!一礼、ペコリ。参拝終了。

 

ふうー。

俺、男だけど、どんな御利益があるんだろ?(・∀・)?

 

まあしかし、大縣神社としては、とくにこの「姫石」をメインに扱おうという意図はないみたい。御朱印と一緒にもらったパンフレットにも、公式ホームページにも、姫石のことには触れていないもんな。

田縣神社と対になってるなんて噂があったもんだから、てっきりそのことをメインにしているのかと思いきや、大縣神社の売りは女性の…(~o~)ではなくて、あくまでも尾張国二之宮という格式と、大縣大神(おおあがたのおおかみ)の御神威にあるみたいだね(`・ω・´)

(続く)

スポンサーリンク