いまだ!神さまにすがろう!

人も自分も頼りにならない!もう神さましかいない!

スポンサーリンク


【33】日本一の神域、伊勢神宮に行ってきた その6「アマテラスさま」

スポンサーリンク

f:id:kamisama-ni-sugaro:20181211191004j:plain

(続き) 伊勢神宮(内宮)の御祭神・アマテラスさまは日本の神話のスーパーヒロイン。

お父さんの左目から生まれた。

天皇陛下のご先祖様であり、太陽神。

他人に迷惑をかけてばかりの弟と喧嘩したり、かばったり、かばいきれなくなって洞窟に引きこもったり、引きこもったところから力づくで引っ張り出されたり、寂しがったり、お腹が減ったりする。

まったく全知全能とかではないけれど、強大な神威を放つ日本の最高神である。

 

八百万の神の頂点に君臨するアマテラス様だけど、実はあんまり活躍してないような気がするんだよね。

 

神格としてアマテラス様に匹敵しうるとすれば、弟のスサノオと、その子孫にあたるオオクニヌシくらいだろう。このお二方は、それぞれヤマタノオロチを退治したり、地上の国造りに邁進したりと、めざましい活躍をしている。

それに比べてアマテラス様は、とくにこれといって「こんな偉業を成し遂げました」というエピソードがない。

 

しかし、それこそがまさにアマテラス様の強大無比な神威の証明でもある。つまり、ただ居てくれるだけで十分ということだ。

それなのに居なくなっちゃってみんなが困った、という話が、かの有名な「天の岩屋戸(あまのいわやと)」事件である。

 

この神話はあまりにも有名なので、ここで全部をクドクドと書き連ねるのはやめておくが、一応あらましだけまとめておこう。

 

----------------------------

あらまし

弟のスサノオ様は若いころとてもヤンチャであった。少々のことならかばってあげていたアマテラス様だったが、ある日、ついに傷害致死事件を起こされてしまい、現実逃避とばかりに洞窟にひきこもってしまった。

太陽神であるアマテラス様がいなくなると、世の中真っ暗になってしまって、じめじめして、悪霊達がはびこりはじめた。これは大変だということで、神さま達が相談して、なんとしてでもアマテラス様に洞窟から出てきてもらおうということになった。

なんだかんだでアマテラス様はみんなの作戦にまんまと乗せられ、洞窟から引っ張り出されてしまう。

かくして世の中は再び明るさを取り戻し、事の発端となったスサノオ様は天界を追放されて地上に降りていきましたとさ。

めでたしめでたし。

----------------------------

 

アマテラス様がいないと大変だね。怒らせたり困らせたりしないように気をつけなくちゃね(`・ω・´)

(続く)

 

スポンサーリンク