いまだ!神さまにすがろう!

人も自分も頼りにならない!もう神さましかいない!

スポンサーリンク


【26】源義朝・終焉の地、野間大坊に行ってきた その1「史跡としても一級品!」(愛知)

スポンサーリンク

f:id:kamisama-ni-sugaro:20190128053923j:plain

f:id:kamisama-ni-sugaro:20181202214412j:plain

ヨシトモ?頼朝じゃなくて?なんて思われてしまいそうな源義朝公。

さーてさて、今回は史跡としても有名な野間大坊(のまだいぼう)に行ってきたよ。

ここは、知多四国の霊場としてよりも源義朝(よしとも)・終焉の地として有名なお寺。

義朝は鎌倉幕府を開いた源頼朝(よりとも)のお父さん。

 

f:id:kamisama-ni-sugaro:20181202214446j:plain

大御堂寺(おおみどうじ)の本堂。ちなみに、大御堂寺の通称が野間大坊

さあ、霊場巡りでやってきたのだからまずは本堂を参拝。

突然ですが、ここはとてもいいお寺です(・∀・)

なぜなら、ご本尊の阿弥陀さまが大胆にも常に御開帳されている!

ま、秘仏のお寺が悪いって言ってるわけじゃないけど、やっぱりご本尊が拝めるとテンションが上がるのは事実。しかもこの阿弥陀さま、平安時代に造られた由緒ある仏さまであるにも関わらず真っ金々のピッカピカ!

最近修復したのかな?御利益ありそう(・∀・)

 

さてそれでは、ある意味このお寺の目玉とも言える、源義朝のお墓がこちら!

f:id:kamisama-ni-sugaro:20181202214526j:plain

あれ?お花はどこ?

花ひとつないなんて、殺風景ですな・・・(*´з`) お参りにくる人がいないのかな?と思ったら、みんな花の代わりに木太刀をお供えするみたい。花より木太刀ですか~。無骨にござるな(・∀・)

なんでも、裏切りに遭って丸腰の風呂場で切りつけられた義朝が、

「ちっくしょー、木太刀の一本でもあれば、やられねぇのによぉ・・・_( _´ω`)_ペショ」

と言い残してお亡くなりになったため、お墓へのお供えは花ではなく木太刀になったのだという。武家の棟梁たる義朝のこと、さぞや武勇にも秀でておられたことであろう。無念であったでしょうなあ。天津飯くらい無念であったでしょうなあ・・・(-.-)

ということで、写真で山積みになってる木片は全部木太刀。一本五百円。

現在ではこれに願い事を書いてお供えすると願いが叶うってことになってる。どうしてこうなった(/・ω・)/

 

さて、義朝のお墓のすぐ傍には、池禅尼(いけのぜんに)のお墓もある。

この人はとても慈悲深い人で、源頼朝の命の恩人として知られている。面倒くさいからここでは詳しく取り上げないけど、とっても美しいお話だよ。

気になったら検索、検索!( `ー´)ノ

 

俺は池禅尼のお墓にも合掌、一礼して、野間大坊のもう一つのお堂である客殿(きゃくでん)にむかって歩き出した。(続く)

スポンサーリンク