いまだ!神さまにすがろう!

人も自分も頼りにならない!もう神さましかいない!

スポンサーリンク


【5】仏さまにもすがれ! その1「決めた。俺、すがる!」

スポンサーリンク

f:id:kamisama-ni-sugaro:20180909093837j:plain
俺ほどのスガリストともなると、すがる対象は神さまだけにとどまらない。日本において神さまと並ぶ信仰対象である仏さま。その仏さまの中でも、特に俺の崇敬を集めてやまないのがお地蔵さまである。

なぜお地蔵さまなのか?その理由を今こそ語ろう!

 信仰心もなく生きていた頃、俺は疲れてはてていた。世間という名の地獄を渡り、なお人の心を保ちながら生きるのは容易ではない。とにかく何かにすがらなければならなかった。すがらなければ、この生き地獄は俺の心をむしばみ、悪鬼羅刹にしてしまうだろう。

俺はとりあえず、神さまにすがることに決めた。理由は簡単で、仏さまに比べれば気楽だからだ。神道ほど気楽な宗教がこの世にあるだろうか?実質的には宗教というより文化に近い気もする。ひょいと神社にいってお札を1000円くらいで買ってこれば、すぐにすがれる。いうなれば、神道は日本人が享受できる公共のサービスだ。俺はすぐさま熱田神宮で神棚とお札を、アマゾンで神具セットを購入し、決断から2日と待たずにすがりはじめた。ちなみに内訳は、以下のとおり。

神棚 3000円
お札 1000円
神具セット一式 3000円くらい
【鏡、水入れ、お皿×2(塩と米)、平次(お酒入れるやつ)、枯れない榊(造りモノのさかき)、榊立て、八足台(お皿とかのせるやつ) など】
-------------------------------------------
合計 7000円

めっちゃリーズナブル。これで十分すぎるほどありがたい感じの神棚になる。もっと安く済ませたい人は、お札(1000円)とお札立て(1000円くらい)の二つだけでオッケー。この場合には毎日のお供えも不要で、欲望のおもむくままにすがることができるぞ!(*'▽')

f:id:kamisama-ni-sugaro:20180909093903j:plain


さて、すみやかに神さまにすがって幸せを享受する日々が続いたが、仏さまへの想いを断ち切ることはできずにいた。そしてついには、東別院(ひがしべついん。名古屋市中区)に赴くのだった・・・(続く)

スポンサーリンク